サービスの流れ

湯灌の儀式には、亡くなられた方が来世に導かれるために現世の汚れを洗い清めるという意味があります。
また、赤ちゃんが生まれたとき産湯につかる様に、新たに来世で生まれ変わって欲しいという願いも込められています。
亡くなられた方にとっても、一生の仕事を終え来世へと旅立つ身支度として湯灌をしてあげたいものです。
お別れ前の真心こもった儀式は何よりの供養となるでしょう。

湯灌の儀

  1. 訪問

    訪問のイメージ画像

    移動専用車でご自宅に到着します。セレモニースタッフ2~3名がお伺いします。

  2. 準備

    準備のイメージ画像

    清浄槽などを室内へ搬入。衣服を脱がせやすくするために硬直をときます。

  3. 移動

    移動のイメージ画像

    お肌を見せることなくバスタオルをかけた故人さまを清浄槽まで移動します。

  4. 儀式

    儀式のイメージ画像

    セレモニースタッフによる儀式の口上。ご家族の方々と心をひとつにして厳粛なお清めの儀式が始まります。

  5. お清め

    お清めのイメージ画像

    ご家族の方々に交替で足元から胸元までお清めの水をかけていただきます。

  6. 全身洗い

    全身洗いのイメージ画像

    左足から右足へと逆さの作法に従って、全身シャワーを使用し洗い清めます。

  7. 洗顔・洗髪・顔剃り

    洗顔・洗髪・顔剃りのイメージ画像

    シャンプーを使って髪を洗い、顔剃りをすませ、やさしく顔をお拭きします。

  8. 美容・着付

    美容・着付のイメージ画像

    全身を洗い清めた故人さまを布団に移し、仏衣をお着せした後、髪をセットし、化粧をほどこします。

※移動専用車にて浴槽を搬入して湯灌サービスを行います。
※準備から修了まで1時間前後かかります。

納棺の儀

湯灌のあと身内の方で旅支度(手甲、脚絆、足袋、わらじ、天冠、六文銭、頭陀袋、数珠)をしていただき、納棺は遺族、近親者が中心になり執り行い、係の者がお手伝いさせていただきます。

棺の中に故人さまを安置し、お頭の周囲を整えます。故人さまが生前より愛用されていた品々を納め、最後にお身内の方々でふたをしめていただきます。(神道・キリスト教・他宗教にも対応いたします。)

  1. お顔の処置

    お口元を整えます。生前を思い出すようなご本人らしいお顔へと処置を行います。

  2. お顔剃り

    女性の場合は産毛を剃ります。

  3. 爪切り

    爪切りをし、マニキュアを塗ります。

  4. お化粧

    男性の場合は、髭を剃りお顔を整えます。

  5. 整髪・着付

    髪の毛と着衣を整えます。

  6. ご納棺

    ご納棺のイメージ画像

    棺の中に故人様を安置し、お顔周りを綺麗に整えます。